京都,幕末,歴史,ゆかりの地,散策,新撰組,坂本龍馬,薩摩藩,長州藩,会津藩 京都 幕末歴史散策

京都 幕末歴史散策

幕末歴史の舞台となった京都。あの戦争中爆撃を受けず歴史遺産がそのまま多く残る京都には、1200年にわたる都の歴史が生きている。文久2年1862年の明治維新から約150年たった今、まだ歴史浅い幕末ゆかりの地を散策する。

 

 

幕末史跡めぐり(河原町・木屋町界隈

 

坂本龍馬ゆかりの地

伏見・寺田屋

 

伏見寺田屋にある龍馬の写真

 

天保6年(1835年)11月 高知城下で誕生
嘉永元年(1848年) 14歳 小栗流日根野道場へ入門
嘉永6年(1853年)3月 18歳 江戸遊学千葉定吉道場へ入門

江戸千葉道場玄武館跡 東京都千代田区神田東松下町(旧千桜小)

当時江戸三大道場の一つで千葉周作の「北辰一刀流」道場。玄武館は弟の千葉定吉の道場であった。

嘉永6年(1853年)6月18歳ペルー率いる黒船艦隊が浦賀入港
嘉永6年(1853年)12月19歳 佐久間象山門下生となり西洋砲術を学ぶ。門下生に「勝海舟」「吉田寅太郎」がいた。

浜川砲台跡 東京都品川区東大井2丁目東 

京浜急行「立会川駅」近くは、かって土佐藩の鮫洲抱屋敷があった。若き龍馬も黒船来航に対する品川警護のため動員任務に就いていた。

 

嘉永7年(1854年)3月 19歳 日米和親条約締結
嘉永7年安政元年(1854年)6月 19歳 龍馬土佐へ帰る
安政3年(1856年) 22歳 龍馬江戸へ再び剣術修行へ行く。後に塾頭となる
安政5年(1858年)9月 24歳 龍馬千葉道場・北辰一刀流の免許皆伝。土佐へ帰る。当時江戸三大道場の一つ「志学館」には「武市半平太」が塾頭として、又「練兵館」には「桂 小五郎」が塾頭としていた
安政5年(1858年) 日米修好通商条約締結
安政5年(1858年) 安政の大獄
安政7年(1860年)3月 桜田門外の変
文久元年(1861年) 27歳 龍馬、武市半平太の「土佐勤皇党」に入る。

 

武市半平太(瑞山)邸跡 中京区木屋町通三条上ル上大阪町 

土佐勤皇党党首として活躍。龍馬とは遠い親戚で幼なじみでもある。土佐藩参政・吉田東洋暗殺に関わり、後に藩主山内豊信(容堂)により切腹させられる。東洋暗殺には勤皇党・岡田以蔵が疑われた。武市瑞山は後の新国劇の代表作「月形半平太」のモデルとなった。

 

 

文久2年(1862年)3月 27歳 龍馬、沢村惣之丞とともに土佐を脱藩。

文久2年(1862年)4月 薩摩藩・寺田屋騒動
文久2年(1862年)12月 28歳 龍馬、勝海舟に入門する

勝海舟邸跡 東京都港区赤坂6丁目10 

龍馬は海舟暗殺を謀り訪れるが、逆に海舟に説得され熱心な門下生となる。

 

 

文久3年(1863年)28歳 龍馬、福井越前藩の前藩主・松平春獄に海軍塾・操練所設立の軍資金を申し入れ

神戸海軍操練所跡 神戸市中央区京橋交差点横 

幕府海軍奉行・勝海舟により設立された神戸「海軍塾」で塾頭を務めた龍馬は、その後操練所設立に向け海舟と奔走する。操練所は短い期間の運営であったが、その後その精神と人材は長崎「亀山社中」「海援隊」へと継がれていった。

 

 

土佐藩邸跡 中京区木屋町通蛸薬師西南角

酢屋から歩いて5分くらいの木屋町・高瀬川沿いにあった。龍馬もたびたび立寄ったと思われる。高瀬川沿いには土佐藩ゆかりの地が多い。土佐勤王党・武市瑞山(半平太)、土佐天誅組・吉村寅太郎の寓居跡も近くにある。

 

 

明保野亭 東山区清水2丁目

産寧坂にある旧料理旅館で今は人気の京料理店。司馬遼太郎「竜馬がゆく」では龍馬の定宿で土佐藩家老息女・お田鶴との密会場所であった。


三年坂

明保野亭
中村楼 東山区祇園八坂神社鳥居内

龍馬もたびたび寄った八坂神社内の門前茶屋。この店の名物は田楽豆腐で龍馬の好物でもあった。

 

鳥彌三(とりやさ)  下京区西石垣通四条下ル斉藤町

木屋町通り団栗橋近くの鳥水炊きの店。龍馬は好物の鳥料理をここで食したという。築220年以上経つ建物。現在食事は予約制。

 

 

長崎・亀山社中 長崎市伊良林町亀山

ここで神戸海軍操練所の同士達と設立された日本最初の会社。その運営には薩摩藩と長崎の豪商・小曾根家の援助があった。(写真提供:長崎 林氏) ここは山(風頭山)の中腹に有り、向かいの山麓にあった「長崎奉行所」を見渡せる位置にある。
見学は徒歩でかなり急な坂道を登らなければならず大変。又道が判り難いので近くまでタクシーで行くのがおすすめ。


刀・拳銃どちらも複製であるが、北辰一刀流免許皆伝の龍馬愛刀の本物は現在「京都国立博物館」に所蔵保管されている。拳銃は米国・スミス&ウェッソンの6連発で、長州の高杉晋作から譲られたもの。

 


亀山社中隊士名 記念館の資料写真

海援隊士写真
亀山社中記念館はこちらから

 

グラバー邸 長崎市南山手町

亀山社中設立後間もなく、英国の貿易商トーマスグラバーから新式のミニエール銃4300挺と旧式ゲベール銃3000挺を薩摩藩名義で購入、長州へ米と交換で渡された(この銃が幕府の第二次長州征伐に威力を発揮、幕府軍を破った) 邸内には龍馬が隠れたと言われる1階天井裏の隠し部屋がある。


トーマス・グラバー

 

丸山花月 長崎市円山町

思案橋近くにある創業374年の史跡料亭。ここには龍馬や海援隊士、土佐藩・後藤象二郎、長州藩士、薩摩藩士など幕末の多彩な志士が出入りした。酒宴で酔って刀を振り回し、床の間に付けた刀傷が残っている。長崎伝統の卓袱(しっぽく)料理が有名。

 


龍馬の歴史を語る「集古館」
花月公式ホームページはこちら 丸山花月

 

おりょうさんの実家・楢崎家跡中京区柳馬場通三条下ル槌屋町

 

 

おりょうさん寓居跡中京区木屋町通三条下ル材木町184都会館

実家にほど近い木屋町にある。現在「京都龍馬会」のある場所。

 


特定非営利活動法人「京都龍馬会」HP
伏見 寺田屋  伏見区南浜町

薩摩藩の定宿であったが、龍馬もたびたび投宿する。寺田屋騒動は薩摩藩の内紛で起こった。2階の「梅の間」は龍馬が投宿のたびに利用した部屋。寺田屋は今でも旅館を経営しているため、「梅の間」を指定すれば泊まれる。床の間に写真・刀などが置かれている。投宿中に伏見奉行所・幕府官吏に囲まれたとき、入浴中のおりょうさんが危機を知らせるため駆けあっがた階段に臨場感が迫る。

 

 


寺田屋 古写真
寺田屋 お登勢

寺田屋の女将で、龍馬に理解・協力が厚かった。龍馬・おりょうさんも大変助けられた。

 

 

お登勢さんの部屋は1階奥にある。材木小屋は龍馬が幕吏に襲われた時、負傷しながら避難したところ。長州・高杉晋作から譲り受けたS&W6連発ピストル、おりょうさんの通報、槍の名手・三吉慎蔵の助けで負傷しながらも脱出できた。


高杉晋作  三吉慎蔵

材木小屋内部 古写真

 

龍馬結婚式場跡 東山区三条通白川橋五軒町

龍馬とおりょうさんの結婚式場跡。元は青蓮院塔頭。元治元年8月ここで西郷隆盛の晩酌で内祝言をあげた。知り合って3ケ月目のスピード結婚だった。

 

 

伏見薩摩屋敷跡 伏見区東堺町

寺田屋から難を逃れた龍馬は、材木小屋からここ伏見薩摩屋敷へと避難した。この後大坂より薩摩へと向かう。ここはかって篤姫が泊まった京都唯一の場所でもある。京都には薩摩藩邸・屋敷が3ケ所あった。

 

 

慶応2年(1866年)3月 32歳 寺田屋事件後大坂から薩摩へ

 

薩摩・西郷邸跡 鹿児島市中央町・共研公園内の西郷邸跡

 

龍馬とおりょうさんは結婚式を挙げ、大坂より薩摩藩船・三邦丸にて薩摩へ向かう。西郷吉之助・中岡慎太郎・三吉慎蔵も同乗。薩摩にては「西郷邸」、家老の「小松帯刀邸」に宿泊。この後おりょうさんと霧島へ新婚旅行へ行く。

薩摩・小松邸跡 鹿児島市原良町の小松邸跡

 

下関 伊藤邸跡 下関市阿弥陀寺町5

慶応3年2月から2ケ月間、お龍さんと唯一いっしょに過ごした処。伊藤家は参勤交代時の大名宿となる本陣を務めた旧家。その年11月15日の龍馬暗殺の翌日夜、お龍さんは夢の中で龍馬が血だらけで枕元にしょんぼり立っていたと回顧談で述べている。悲報が届いたのは12月2日。


下関・本陣伊藤邸跡 龍馬寄宿先の伊藤邸自然堂

龍馬(中央)と伊藤家・伊藤助太夫(右)
酢屋 旧海援隊本部 中京区河原町三条下ル一筋目

活動拠点を長崎亀山社中からここに移った。龍馬寓居跡で海援隊活動の本部でもあった。土佐藩邸、各藩邸とも近く高瀬川横にあり交通アクセスに優れた場所。ここで同士・陸奥陽之助(宗光)らと海援隊を組織した。酢屋嘉兵衛は土佐藩出入りの材木商であり、龍馬の活動に理解・協力があった。酢屋前の通りは「龍馬通り」と呼ばれている。身の危険を感じた龍馬はここ酢屋から近くの近江屋へ移った。龍馬が使っていた道路側の部屋は今ギャラリーとなっている。龍馬が最後に手紙を書いたと云われる机が残っている。


酢屋外観

後の陸奥宗光 海援隊隊士名

坂本龍馬と海援隊の志士
中岡慎太郎邸跡 中京区河原町

陸援隊隊長として龍馬とともに活躍した。四条河原町すぐのこの場所は、土佐藩・近江屋とも近いところにあった。

 

 

近江屋跡 中京区河原町通蛸薬師下ル西側塩屋町

河原町通り沿いの四条と三条の間にある。現在寿司店となったこの地が近江屋跡。龍馬と陸援隊隊長・中岡慎太郎が暗殺された元・醤油商跡。

 

犯人は新撰組との説もあるが、現在は「見廻組」佐々木只三郎犯人説が一番有力と云われている。龍馬の墓は東山霊山の展望の良い場所で、京都を一望するところにある。暗殺現場の部屋にあった血痕のついた「書画貼交屏風(ねこの屏風)」と「寒椿掛け軸」は現在、京都国立博物館に保存されている。

 


龍馬愛用の遺品

 

暗殺事件後、近江屋にて保管されていたもの。龍馬の愛刀「陸奥守吉行」と「紙入れ(財布)」「長崎・亀山焼きの茶碗」 いずれも現在は京都国立博物館に保存されている。

 

見廻組「佐々木只三郎」寓居跡

龍馬暗殺の実行犯リーダーといわれる佐々木の寓居跡・松林寺。佐々木は「今井信郎」「桂早之助」ら7人とともに近江屋を襲撃したと伝えられている。


松林寺 佐々木只三郎

今井信郎

 

円山公園の龍馬像

円山公園一番奥に京都市内を望むように建てられている。中岡慎太郎とともに天下を望むように

 

その後のおりょうさん

横浜市神奈川区台町・京急「神奈川駅」近くの老舗料亭「田中家」。おりょうさんは、龍馬暗殺当時にいた長州下関・伊藤家から坂本家のある土佐へ行き、その後ここ横浜に移った。勝海舟の紹介で明治7年からここで仲居さんとして働いた。おりょうさんは英語もできる人気の仲居さんだった。田中家内には当時のおりょうさんの写真もある。中央がおりょうさん。

 


田中家

 

参考・京都の地図 ホテル予約

拡大縮小、ドラッグ移動にて目的地を検索して下さい

ホテルの予約はこちらから

幕末歴史舞台の地

倒幕・佐幕が激突した幕末の舞台 京都
天皇皇室の二条城、薩摩長州藩を中心とする倒幕派、会津桑名藩を中心とする佐幕派、戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見の戦いの地を散策します。

 

新撰組ゆかりの地

 

幕末歴史舞台の地へ

 

 

 

 

倒幕派ゆかりの地

佐幕派ゆかりの地

幕末歴史資料館

参考 幕末写真館様

更新履歴
トップへ戻る